GLP-1で、もう失敗しないダイエットを。

HOME | GLP-1料金徹底比較 | GLP-1の効果を最大限引き上げる方法 | GLP-1ダイエットのいいところ②・停滞期でも挫折しにくい!

まずはダイエットの挫折ポイントを知ろう!

前回は挫折ポイントの1つとして「食欲に負けてしまう」点と、その対処法についてご紹介いたしました。
今回はダイエットの大敵であり、どんなダイエットにも必ず訪れる「停滞期」についてご紹介したいと思います。
 
 

挫折ポイント 停滞期で体重が減らない。

頑張っているのに成果が出ない。しかもいつまで続くのかもわからない。もう絶望ですよね。
体重がスルスル落ちている時には、ポジティブに食事制限を楽しめますが停滞期に入ってしまうと途端にやる気が急降下してしまう方多いのではないでしょうか?そのお気持ち、痛いほどわかります!
いつかは終わるはずと思っても、いつの間にか、ついついお菓子や揚げ物に手が伸びてしまったり…(こういう時のポテトやコーラってなんであんなに背徳的でおいしいんでしょうねぇ)
 
停滞期とはその名の通り「体重が落ちなくなり停滞する時期」のことで、体の状態を正常に保とうとする「ホメオスタシス機能」が原因です。
 
この厄介な停滞期はダイエットを開始してから1ヶ月経過、または体重の5%が減少した頃に迎えることが多いのだそう。
停滞期を迎えるということは、脳が「飢饉だ!体が飢えてる!!」と危機感を感じて、体を守ろうとしているということ。
なので停滞期が来たということは、これまでのダイエットは大成功ということなのですが…
こうなると脂肪を蓄えやすくなってしまうので、体重が落ちるどころか増えてしまう場合も少なくありません。
また停滞期は平均で3週間~1ヶ月、長ければ2ヶ月以上続くこともあるダイエット最難関の挫折ポイントとも言えます。

GLP-1なら大丈夫!挫折を成功に導くポイント

成功ポイント 停滞期でも挫折しにくい。

 
GLP-1は停滞期でも挫折しにくい!

GLP-1を使用していても、ダイエットをしていれば切っても切り離せないのが停滞期。
ダイエットのモチベーションの大敵ですよね。
  
しかしGLP-1で停滞期を乗り越える方法はちゃんとあります!(実際、私も乗り越えました!)
脱・停滞期のテクニックをここではお知らせしていきたいと思います。 
 

危機感を感じている脳を騙すチートデイ

チートデイとは「騙す日」ということ。
飢餓状態に恐れ震えている脳に「大丈夫だよ~飢饉じゃないよ~」と安心させるために、好きなものを好きなだけ食べる日です。
この日はGLP-1注射もおやすみします。食欲が戻るように、食事の時間に合わせて間隔を空けておくと良いでしょう。
時間帯は脂肪吸収の少ないランチ時がオススメです。
ただし、塩分が多いものをとればむくみに、脂質が多いものは当然脂肪になるのであまりにジャンクなものを摂取するのは避けましょう!
 
そしてチートデイは1日だけ許された食べ放題の日。2日続けてはご法度です!
 
チートデイの次の日はキッチリGLP-1を注射して、再びダイエットに取り組みましょう!
GLP-1をお休みしたので、好きなものがおいしく食べられて心も体も大満足なはず。
GLP-1を使用していないダイエットの場合、このチートデイで一気に食欲が爆発しダイエットの終焉になってしまうことも少なくない諸刃の剣なのですがGLP-1を使用すれば再び食欲が抑えられます。
このように続けていれば、またすぐに体重が落ち始めるようになりますよ!
 

体重計の数字に一喜一憂しない。

数字は成果の度合いがわかりやすいので便利ですが、成果が出ていないと途端に気持ちが落ち込みやすくなってしまいます。
各々の性格にもよりますが、体重計に乗った結果次第でやる気が削がれてしまう方は毎日体重をはかるのはやめましょう。
そうでない方も停滞期は週に1回や3日に1回ほどのペースで体重をはかる方が良いかもしれません。
体重をはからなくても、常に心に「ダイエット」を意識づけましょう。
「結局GLP-1ダイエットをしていても体重が減らないじゃないか!」と、GLP-1を打つのやめてしまうと元も子もありません。
どんなダイエットにも停滞期はありますが、終わりのない停滞期はありません。そして停滞期を終わらせることができるのは、あなたのがんばり次第です!

 

まとめ

 
停滞期対策を2点ご紹介しましたが、いかがでしたでしょう。
ただいまGLP-1ダイエットまっ最中の方も、「これから始めてみようかな」という方もGLP-1なら停滞期を通常のダイエットよりも楽に乗り越えられそうだと思いませんか?
 
私も過去、自分の意思だけでするダイエットではこの停滞期で挫折をしていましたが、GLP-1では簡単に乗り越えることができました!
しかしGLP-1ダイエットは決して安くはありませんので、体重がなかなか減らず薬剤だけが消費されていくと心が折れそうになるかもしれません。
が、続けていれば必ずまた体重は減りだします。
 
もし1ヶ月以上停滞期が続くようであれば、取カロリーが消費カロリー(基礎代謝+日常の活動や運動)を上回っていないかなどにも注意して気持ちを前向きにダイエットに取り組んでみてください。
簡単なストレッチや気になる部分の筋トレなどを取り入れてみるのも効果的ですよ。
消費カロリーを見える化してくれる、スマートウォッチを身につけるのもオススメですよ!

 

 
ダイエットは自分の力で改善できるコンプレックスです。
今よりもっとキレイな自分になれるために、お互いにがんばりましょう!
 
では、楽しいGLP-1ダイエットライフを!
 

 

まずはGLP-1を手に入れよう!